【FX初心者】FXの専門用語解説!

FXとは

FXとは外国為替証拠金取引とも呼ばれ証拠金を担保に通貨の売買を行う取引のことだと今では信じられない話ですが日本では1998年までは外国為替公認銀行しか外国為替取引をすることができませんでした。
そんな中外国為替及び外国貿易法つまり外為法。

その外為法が規制緩和により法改正となって企業間においても自由に外国為替の取引ができるようになりました。

そして当時アメリカなので、すでに取引されていた外国為替の証拠金取引が日本で初めて導入されました。

それがFXです。

FXの大きな特徴はレバレッジと呼ばれる倍率をかけられることレバレッジをかけることにより少額で大きな額の取引をすることができる例えばドルを100円の
時に買って110円の時に売るとするそうすると1ドル当たり10円の差額が生まれます。

この差額分が利益となって収益を得ることができるわけだ要するに外貨を買ったり売ったりして利益を上げられるという取引です。

押さえておきたい用語!

初心者ならこれだけは押さえておきたい用語を説明します。

スワップ金利

はじめはスワップ金利です。
FX取引においてスワップとは外貨預金における金利のようなものだただし外貨預金における金利と大きく違う点があります。
FXの金利は受け取るだけではなく字原事もあるということだ
銀行の外貨預金では金利を受け取ることはあっても支払うことはないとおもいます。

しかしFXトレードにおいてはと利益によっては金利を支払うこともあります。
スワップとは交換という意味です。

FX取引は通貨を売買する取引ですがそれぞれの通貨ごとに金利が異なります。
金利が異なる通貨を売買するときその通貨ごとの金利差をやりとりする決まりがあります。

それの決まりがスワップ金利だつまり日本では1万円を預けると1日で1円の利子がつくとします。
アメリカで1万円分ドルを買って預けると1日で3円分の利子がつくとする

もし米ドルを買えばこの金利差2円を毎日受け取ることができます。

逆にアメリカドルを売ればマイナス2円となり毎日2円し払わらなければいけなくなるということです。

ちなみにスワップ金利は毎日変動するまたスワップ金利はFX会社によって異なります。
だからスワップ金利で利益を狙っている人はスワップ金利が高いところがオススメです。

証拠金

次は証拠金です。

外国為替証拠金取引FXは名前に証拠金という言葉があるようにFX業者に対して証拠金と呼ばれるお金を預ける必要があります。
この証拠金は差金決済取引を行い決済するための資金として利用されるんだFXでは実際に外貨を買うわけではないです。

1万ドル分の米ドルを1ドル100円で買うという取引でも本当に1万ドルを買うわけではないのです。

だからその代金は必要ないです。
ただし最終的に買ったメートルは反対売買によって決済する必要がある仮に1ドルが102円の円安になれば買ったときと売ったときの差額かける1万ドル=2万円起きとることができる。

一方で1ドルが98円の円高になれば差額かける1万ドル分の計2万円の支払いをする必要がある。
FX取引はこの2万円の部分だけをやりとりする取引になるんだ証拠金はその差額のやり取りを担保するためのお金です。
FX取引ではFX取引業者に対して、その差額をやりとりするだけの担保となるお金つまり、「証拠金」を差し入れておく必要があります。

レバレッジ

次はレバレッジです。

レバレッジとはテコの作用を意味する。
FXで使われるレバレッジとはテコの原理のように小さな金額で大きな金額を動かす力のことだ例えば1ドル100円でレバレッジ1倍の時資金10万円で1000ドルの取引が可能だ
しかし1ドル100円でレバレッジ10倍の時は資金10万円で100万円の取引が可能になる。

こんな風にレバレッジを使用すると資金が少なくても大きな取引を行うことができるようになります。

しかしレバレッジは大きな利益を見込める反面リスクも高くなるだから金融庁のレバレッジ規制により
2011年8月1日からFXとレバレッジは最大25倍に制限されることになりました。

スプレッド

最後はスプレッドです。

スプレッドとは広がりという意味だFXでは差額と訳するほうがわかりやすいかもしれません。
スプレッドとは買値と売値の差のことを指すんだ
毎回取引するときにかかる手数料のようなものでスプレッドが狭い方が手数料が少ないということで
有利取引できるよく経済ニュースなんかで今日の外国為替市場は1ドル100円
15銭から25銭という言葉を聞くとおもいます。

この場合1ドルが100円15銭から25銭まで幅があります。
この時100円25銭がビットレート回脱100円15戦がオファーレートと売り値となります。

オファーレート売値は投資家がない加藤将する際の売却価格でフィットレート
買い値は投資家が外貨投資をする際の交流価格のことです。
つまりこの場合この時間に1万ドルを買って売った場合
100円25銭で勝って100円15戦で売るということになりその差額の10銭部分がスプレットになります。

買い値と売値に差をつけることで証言会社はこの差分スプレットお手数料として利益としています。

スプレッドは小さな間が1万通貨単位でトレードする場合は0.3銭かける一番の
30円となって毎回30円が手数料はのようにかかってきます。

またスプレッドもFX会社によって異なるんだ鉄移動は安ければ安いほどいいです

おすすめの記事